肩こり サプリ

肩こりに効くサプリランキング

現代人は肩こりや首こりなど、筋肉の凝りに悩まされている人が非常に増えています。これはデスクワーカーが多いことで長時間の筋肉の緊張にさらされていることももちろん一因なのですが、血行不良が最大の原因です。

 

血流を改善する効果的な成分として
  • ビタミン類(ビタミンB1・B6・B12、E)
  • イチョウ葉エキス
  • オメガ3脂肪酸(DHA&EPA)

 

などが良いといわれます。特にビタミンB1は不足しやすく肩こりの原因となりやすいためしっかりと補給したいもの。当サイトは血行を良くする有効成分を配合したサプリを厳選して紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

笑みの種 30日分980円

笑みの種は、育児ママの肩、首のこりに良い巡りサポートサプリメントになります。

 

肩・首周りのこりの原因となる血流改善に効果的なビタミン類をしっかり含み、さらに、イチョウ葉エキス・生姜&黒生姜・ルテインなどの肩、首の負担軽減に役立つ成分も配合しています。笑みの種は、30日分980円だから1日あたり約32円と低コストから始められるのも魅力です。

 

 

ロスミンローヤル 肩こりに効く

ロスミンローヤルは、辛い肩こり、神経痛などに効きます。肩こりの原因となる筋肉疲労・血行不良・末端神経のダメージを有効成分により改善します。

 

肩こりに働くビタミンB1・B6・B12・Eなどを含むことはもちろん、9種類の生薬も含まれており、慢性的な症状の緩和に努めます。ロスミンローヤルは、通常だと1か月分7600円ですが、定期縛り無しの単品1900円購入が可能です。

 

 

きなり

オメガ3脂肪酸で血液サラサラ効果をもたらすこのきなりは、短期的に肩こりを解消する即効性と、長期的に血管の劣化を予防する効果を持ち合わせるため、どんな方にもおすすめできる肩こり解消サプリメントです。

 

きなりは酸化に弱いオメガ3脂肪酸をクリルオイルで包むことで酸化を防いでおり、スペック以上の健康効果を得られるとして、魚油サプリメントの中でも高い評価を得ています。肩こりだけでなく脂質異常症や高血圧の方が健康改善のために飲むにもおすすめできます。

 

 

 

肩こりの原因

 

現代人に罹患者の増えている肩こり。近年の労働形態やIT機器類が生んだ現代病とも言えるものです。

 

パソコンなどの操作によるものや眼精疲労によるもの、運動不足による血行不良、そしてこれらの複合的要因によって発生する対処の難しい問題です。仕事に関連して発生する肩こりは根本的な対処が難しいものですが、少しでも肩こりを軽減させることのできるように対策を積み重ねていく必要があります。

 

肩こりの根本的な原因は多くの場合血行不良です。血行不良が何によって引き起こされているかは様々ですが、少なくとも肩周辺では血行不良が発生することで筋肉が緊張し、凝ったり痛みが発生したりしています。

 

ですから直接的な原因が何であれ、運動不足や低血圧低体温などそもそも血行があまりよくない体質・生活習慣は肩こり発生の大きなリスクです。同じ理由で喫煙も肩こりを発生・悪化させる要因と言えるでしょう。これらの肩こりの誘因も一つずつ解消していくべきです。

 

肩こりはその不快な症状のみが問題であると考える人も多いのですが、実際には健康状態の悪化を表していたり、何か他の疾病の合併症として発生していたり、肩こり自体が肩を中心に体の組織の健康を蝕んでいくことさえあります。

 

肩こりは血行不良という根本的な原因があり、血行不良が健康上のリスクであることは間違いないため、慢性的な肩こりを感じている人はこれを軽視せずきちんと対策を講じていきましょう。

 

肩こりを解消するには

 

肩こりを解消するには、当たり前ですが肩こりの原因を排除しなければなりません。肩こりの実態とは肩周辺の血行不良であり、血行が悪くなっている直接的な原因と言うのは限られます。

 

例えばほとんど肩を動かさない状態でその先に繋がっている手ばかりを長時間動かすデスクワークなどは、肩周辺の血流という観点から見ると最悪です。

 

もちろん仕事ならば止めるわけにはいかないでしょうから、肩への負担をできるだけ軽減する措置と、肩の血流を良くするようなマッサージや軽い運動などを平行して行うことが必要です。

 

まず、同じデスクワークにしても、姿勢一つで肩に掛かる負担というのは大きく異なります。座る姿勢が悪いと腰に悪いとはよく言いますが、肩にも非常に悪いのです。

 

特にパソコンのキーボードを打ち続けると言う場合は、座る姿勢による影響が何倍も大きくなってのし掛かります。椅子には基本的に深く座り、肩の力を抜いて机に向かうのがベストです。椅子の高さも重要で、足の裏全体がちょうど付く程度の高さに調節しましょう。

 

そして、どんなにベストな椅子や机の環境だとしても、長時間同じ姿勢では肩への疲労が蓄積します。1時間に1回程度は腕を伸ばしたり肩を回したりと、肩周辺の血流を意識して改善してやらなければなりません。

 

肩の血流量が増えると溜まっていた乳酸も血液によって回収されるため、それだけでも肩が軽く感じられたりします。気分転換になり、作業の効率も増すはずです。

 

現代では女性を中心に血行が悪い人が非常に多く、筋肉のこりだけでなく冷え性や手足のしびれなどといった形で多くの問題をもたらしています。そこで、肩こり改善には第一に血流改善を考えたいものです。

 

血流を改善する効果がある天然食品は昔から数多く知られており、天然食品を原材料としたサプリメントもたくさん販売されていますので、これらを活用することにより効果的に肩こりの改善を行うことができます。