同じ姿勢が続くと肩こりになりやすい

同じ姿勢が続くと肩こりになりやすい

肩こりが発生する組織的な原因は血行不良です。血流が滞ると血液供給が滞っている筋繊維が硬直し、いわゆる「凝り」を感じて時には痛みます。周辺組織を動かせば筋繊維が伸縮し血液も大きく流れますので、同じ姿勢を続け筋肉が全く動かない状態を続けることが肩こりの大きな原因となります。

 

これは肩が凝ったときに腕を回したり伸びをしたりすることで一時的に症状が緩和することからも実感できると思います。

 

肩こりの人が感じる肩の凝りや痛みというのは筋力トレーニングを行った際の筋肉の疲労とだいたい同一のものです。

 

肩周辺の血流が滞り、特に筋肉繊維への酸素の供給が不足してくると、筋肉は酸素不足から疲労物質である乳酸を発生させます。いくら安静にしていても筋肉が全く活動していないわけではありませんから、酸素が不足してくればこれらの現象が起こります。

 

この乳酸によって筋肉内は酸性に傾き、そのままでは筋肉の運動や神経伝達が行えなくなるため、凝りなどの自覚症状やリンパ液を溜めて乳酸をリンパ液内に溶かすことによる張りを感じることがあります。ところが肩こりでは血流が悪いために、酸素の供給や乳酸が溶けたリンパ液の排泄もなかなか行われないため、筋力トレーニング後の筋肉の疲れと同じような状態が長時間持続してしまいます。

 

肩こりの予防・解消とも、定期的に肩周りの筋肉を動かすことが最も手軽で重要です。集中力を保つためにも、一時間に一回程度は肩や首などをリラックスし動かしてあげましょう。